〒943-0834 新潟県上越市西城町1-7-1TEL:025-523-3610
〒943-0834 新潟県上越市西城町1-7-1
TEL:025-523-3610
MENU
前のページへ戻る

学級の活動

矢代米100袋完売!

5年2組 創造活動 2021/12/02

 12月2日(木)は朝市で矢代米を販売をする日。この日の朝の気温は4℃。非常に寒く、雨も降っていました。登校した子どもが口々に「先生、朝市に行くよね?」と尋ねてきます。「もちろん行くよ!でも雨が心配だな」と話すと、すぐに「ティッシュと輪ゴムはありますか?」と話します。子どもは、てるてる坊主を作りはじめ、天気がよくなるようにと願います。
 朝の会を終え、8時半を過ぎに、学校を出発しますが、雨はまだ降り続けていました。商品である矢代米に袋をかぶせ、ぬれないように気を付けて学校を出発しました。普段であれば10分程あれば着く場所ですが、テントや机、看板、100袋の矢代米など、出店にかかわる道具や商品がたくさんあったため、20分以上かけて、やっと朝市までたどり着くことができました。
 すぐにテントを立てて、商品を並べます。すでに矢代米を求めて、たくさんの人が集まっており、準備ができるとすぐに「いらっしゃいませ!」と声を出し、販売を始めました。1つ500円の矢代米。100袋も準備して、どのくらい売れるのかと心配していましたが、「2つください」「4つください」と飛ぶように売れていきます。気付けば雨は上がり、お客さんが少ないように思えた朝市にも少しづつお客さんが集まってきたようでした。事前に決めた役割の中で、少しでも多くの方に買ってもらえるように、それぞれが自分ができることをしました。その時の子どもたちは無我夢中という感じで、朝市という本物の場とお客さんを前にして、販売することへのわくわくドキドキが止まらないという感じでした。

「いらっしゃいませ!美味しい矢代米を販売しています。今日の夕飯にどうでしょうか!」


「矢代新聞も発行しています。もしよかったら読んでみてください」


 販売から50分。用意した100袋の矢代米がついに完売しました。最後の1つが売れたときには、「やったー!」と歓喜の声が上がります。「こんなに早く売れてしまうとは!」「もと売りたかった」「喜んでもらえてよかった」と仲間と思いを伝えあう子どもたちの姿がありました。
 大変寒い日でしたが、寒いという子どもの声はほとんど聞こえてきませんでした。矢代のPRも含めて、充実した販売活動をすることができ、大満足で学校に戻ることができました。朝市に来ていただいた方、矢代米を買っていただいた方、そして、この矢代米づくりをサポートしてくださった矢代地域協議会の皆様、大変ありがとうございました。